• TOP >>
  • 男性不妊の検査

男性不妊の検査

男性不妊の主な検査

男性不妊の検査は泌尿器科や産婦人科で受けることが出来ます。心理的なストレスやプライドなどから検査に消極的な男性も多いようですが、女性の不妊検査に比べると、簡単で痛みを伴うこともほとんどありません。また原因も、比較的単純で特定しやすいケースが多いと言われます。

1日も早く不妊を解消し、元気な赤ちゃんを授かるためにも、ご夫婦一緒に検査を受けられることをお勧めします。

検査内容について

既往歴や性欲の有無、勃起の状態、性交回数などを確認する「問診」をはじめ、精索静脈瘤などの有無を調べる「男性性器の視診・触診」、精液検査をはじめとする「基本検査」があります。もしも基本検査で問題があった場合は、原因を特定するために「精密検査」が行われます。

基本検査の種類
精液検査

マスターベーションで採取した精液から精子数や精子運動率をチェックする。

精子生存性検査

精液中に動いていない精子が多い場合、その精子の生存を判別する。

精液培養検査

精液検査で白血球が多くみられる場合、細菌の種類を調べる。

尿検査

採尿し、尿糖や尿蛋白、赤血球、白血球の数を調べる。

尿中精子検査

無精液症や精液減少症の場合に、射精後の尿を採取し、膀胱に精子が逆流していないか調べる。

ホルモン検査

採血して、血中の男性ホルモン値、卵胞刺激ホルモン値、黄体化ホルモン値、プロラクチン値などを調べる。

抗精子抗体の検査

精液の状態から、精子に対する抗体の有無を調べる。

フーナーテスト

女性の排卵日に合わせて性交した後、女性の子宮頸管粘液を採取して、その中にいる精子の状態を調べる。

陰嚢部超音波検査

陰嚢部に超音波をあて、精巣容積や腫瘍の有無などを調べる。

精密検査の種類
精巣生検検査<無精子症や乏精子症の疑いがある場合>

陰嚢を1cmほど切開して精巣の組織を採取し、造精機能を調べる。

精管精巣造影検査<精管通過障害の疑いがある場合>

陰嚢の一部を切開し精管に造影剤を入れて、X線撮影し、精管の様子をチェックする。

染色体検査

精液中から運動精子を数百匹ほど選び、1匹ずつ性染色体を調べる、もしくは、血液中のリンパ球を培養して染色体を調べることによって、性染色体や常染色体の異常を調べる。

遺伝子検査<高度の乏精子症や非閉塞性の無精子症の場合>

Y染色体の欠失、先天性精管欠損症による嚢胞性繊維症の責任遺伝子との関係を調べる。

精子尾部検査<生存しているが動かない精子が多い場合>

電子顕微鏡で精子の尾部を観察し、異常の有無を調べる。

関連コンテンツ

★僕はこれで授かりました★
男性不妊対策サプリ
『OG・ハーブ』

OG・ハーブ OG・ハーブご購入はコチラ

「サプリメント」ページに
詳しくまとめています

特にオススメしたい方

■自然妊娠を目指したい方

■高度医療のため
 精子の質を万全にしたい方

エビデンスがしっかりです

◎日本不妊学会にて発表
 医学的効果が認められた商品

◎男性不妊患者の8割以上が
 精子数UP(臨床データより)

愛飲者としてのまとめ

初めは購入を迷いましたが、授かるための治療と考えると、試してみる価値はあるかなと思い試しました。
結果的に僕は、子供を授かったので大満足しています。
各家庭には色々な事情があるかと思いますが、1つの方法として、オススメします。

不妊学会で話題になり、テレビ・ラジオで取り上げられた!

OGハーブ 牡蠣人参エキス

【私がオススメする理由】>>> 参考にしてください。
  ●個人差があるとは思いますが、私には良かった
  ●本格的な不妊治療の前に気軽に試せる
  ●医師のお墨付き・天然成分ということで安心