男性不妊の治療やサプリメントのことなら男性不妊ナビ

お探しの男性不妊情報がスグに見つかるサイト♪ 僕の男性不妊克服記録

AMH値と不妊治療の進め方

アンチミューラリアンホルモン(AMH)値を調べることでわかるのは、「どのくらい卵子が残っているか?」ということであり、卵子の質まではわかりません。

そのため、他の検査を併用して、今後の不妊治療計画を立てていくことになります。

AMH値が低い場合だけではなく、高すぎる場合にも治療計画が変わってきます。

また、男性に原因があって不妊になっていることがハッキリしている場合でも、男性の治療に時間がかけられるかどうかを、女性のAMH値を調べることで判断するのは大切なことです。。

AMH値は高いほうがいい?

不妊で悩むカップルには、男性のみ・女性のみに原因があるケースばかりでなく、男女ともに原因があるケースも存在します。

アンチミューラリアンホルモン(AMH)値が高いほうが、不妊治療にかけられる期間が長いということは言えます。

しかし、アンチミューラリアンホルモン(AMH)値が高すぎる場合には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の可能性がありますので、排卵がうまくできないことや、不妊治療を始めてからも排卵誘発剤を使うことのデメリットが大きいことなどが考えられます。

精子と卵子、そして年齢

男性の精子は、精巣で生み出されるものであり、常に新しい精子が生み出されるようになっています。

しかし、女性の卵子は卵巣で作られるのではなく「卵巣は卵子を保存する場所」であるだけです。

そのため、卵子は女性が年齢を重ねるとともに、蓄えられている個数が減っていきますし、卵子が老化していくという性質もあります。

アンチミューラリアンホルモン(AMH)値を検査することで、「不妊治療にどのくらいの時間をかけられるか」を計ることができるのです。

AMH値への誤解

AMHの値は、卵巣にどのくらいの卵子が残っているのかを示す目安となります。

そのため、誤解されることがあるのですが、AMH値が低いことがすなわち、妊娠できる確率が低くなるという意味ではないということです。

AMHの値が低くても、妊娠することができる人はいます。

ただし、同年代の人と比べて、AMH値が低いという場合には「不妊治療をできる期間が短め」とは考えられます。

その場合には、早めに高度生殖医療に取りかかることも考える方がいいでしょう。

アンチミューラリアンホルモン

男性不妊が判明した場合でも、妊娠は男女二人がいなければ成立しません。

そのため、男性不妊の治療方針を女性が検査を受けたほうがいい場合もあります。

最近、注目を集めているのが「卵子の老化」を計る検査で、アンチミューラリアンホルモン(AMH)を測定する検査です。

アンチミューラリアンホルモン(AMH)は、生殖腺や生殖細胞の分化や、その機能を維持することに関わりがあるとされる物質です。

この検査の結果は、早めに高度生殖医療に取りかかるほうがいいのかどうかの判断材料になります。