男性不妊と病院(クリニック)

男性不妊を乗りこえて元気なお子さんを授かるため、時には、医療の力が必要になることもあると思います。不妊症における病院(クリニック)の役割は2つ、”検査”と”治療”です。

病院検査の重要性

女性の場合、腹部の痛みや基礎体温、生理の状態などから不妊症の要素を汲み取ることが少なからず可能です。ところが男性の場合は”ED”や”射精障害”を除き、不妊症の自覚症状というものがほとんどありません。また、男性不妊の9割を占める精子の問題「造精機能障害」は、肉眼で精子の状態を判別することは不可能です。つまり、男性は不妊症の要素を普段の生活から汲み取ることが出来ないため、男性不妊であった場合、それ以降の対応が遅れ、不妊問題が長引くことになってしまいます。そうならないためにも、男性が率先して病院(クリニック)へ行き、きちんと検査を受けることがとても重要になります。

病院治療を受ける上でのポイント

現在は一昔前と比べ、体外受精やTESEなどの高度医療を始めとした有効な治療法が増えています。しかしながら、これらは、男性不妊の大半を占める「精子の数・運動率・質の低下」を改善するものではなく、あくまでも、“今の精子の状態で、妊娠の行程(卵子の元に泳いでいったり、受精したりなど)を一部手助けする治療法”です。ですので、病院治療を成功させて無事に元気な子どもを授かるためには、やはり、日常生活の中で、少しでも元気な精子をたくさん産生できる体を準備することが大切なのではないかと思います。

毎日の習慣から元気な精子を増やすために
ご自宅で出来る男性不妊対策「オススメサプリ」へ

男性不妊治療に重要な”病院選び”

いざ検査や治療に取り組もうと考えた場合、まず初めに行わなければならないのが”病院(クリニック)探し”です。しかし男性不妊の場合どの病院に行けば良いのでしょうか?
基本的に男性不妊は「婦人科」や「泌尿器科」にて取り扱われます。これらの科目を扱う病院は多数ありますが、最近では不妊や男性不妊を専門としたクリニックが増えており、より不妊症に詳しい医師の元で検査や治療を受けることが出来ます。ただ、ここで気をつけなければならないなのが”自分に合った”病院を選ぶことです。長期に及ぶことが多く心身の負担も大きい不妊治療には、技術はもちろん、「よりストレスが少ない病院」であることが非常に重要になります。そんな病院選びにはいくつか”ポイント”がありますので、ぜひ以下を参考にしてみてください。

(1)医師とのコミュニケーションが円滑
(2)設備の充実度&清潔感
(3)口コミや患者さんの評判が良い
(4)検査や治療の説明が丁寧
(5)薬や医療費の説明が丁寧
(6)通いやすい立地条件  など

関連コンテンツ

★僕はこれで授かりました★
男性不妊対策サプリ
『OG・ハーブ』

OG・ハーブ OG・ハーブご購入はコチラ

「サプリメント」ページに
詳しくまとめています

特にオススメしたい方

■自然妊娠を目指したい方

■高度医療のため
 精子の質を万全にしたい方

エビデンスがしっかりです

◎日本不妊学会にて発表
 医学的効果が認められた商品

◎男性不妊患者の8割以上が
 精子数UP(臨床データより)

愛飲者としてのまとめ

初めは購入を迷いましたが、授かるための治療と考えると、試してみる価値はあるかなと思い試しました。
結果的に僕は、子供を授かったので大満足しています。
各家庭には色々な事情があるかと思いますが、1つの方法として、オススメします。

不妊学会で話題になり、テレビ・ラジオで取り上げられた!

OGハーブ 牡蠣人参エキス

【私がオススメする理由】>>> 参考にしてください。
  ●個人差があるとは思いますが、私には良かった
  ●本格的な不妊治療の前に気軽に試せる
  ●医師のお墨付き・天然成分ということで安心