男性不妊と自然妊娠

一般的に、赤ちゃんが授かりにくいご夫婦の場合、女性は検査や治療に積極的な方が多いのに対し、男性はどちらかと言うとなかなか病院に行かず、不妊治療に対しても積極的な方は少ないと言われています。その原因としては、仕事の忙しさ・男性としてのプライド・気恥ずかしさ・無関心など、様々なことが言われていますが、女性以上にデリケートと言われる男性の心情を考えると、やはり心の奥底には女性の方以上に「赤ちゃんは自然に授かりたい」という強い想いがあるからなのかもしれません。

男性不妊”自然妊娠のための病院治療”

男性が自然妊娠にこだわる理由の一つとして、”医療の力を頼ることへの抵抗感”が考えられます。しかしここで注意しなければならないのは、医療を毛嫌いするあまり、検査や治療を受けることさえも避け、ただ漠然と自然に身を任せている場合です。男性不妊の原因の中には医療の力を借りなければ、いくら自分なりに手を尽くしてみても決して妊娠に至らないものもあるのです。
例えば、男性不妊の原因が「精索静脈瘤」や「閉塞性無精子症」などの器質性の場合、手術を行わなければ自然妊娠は非常に難しく、逆に手術を行えば自然妊娠の確率がおよそ2倍以上に跳ね上がると言われています。これらは決して自然に治るものではありません。
「自然妊娠を目指す=病院に頼らない」ではなく、上手く医療の力を利用することが効率的な自然妊娠の方法だと言えるでしょう。

自然妊娠と”正しい生活習慣”

それでは病院で検査を受け、治療を続けていれば、おのずと自然妊娠が可能になるのでしょうか。
残念ながら、造精機能の改善に用いられるホルモン治療などは、それさえ投与すれば劇的に精子の状態が改善されるというものではありません。また、使い続けると逆に造精機能を弱めてしまうことになるため、長期的な使用は控えられています。漢方にしても著しい効果は期待出来るものでもなく、長期の服用が必要になります。そのため、病院治療以外にも多くのご夫婦が取り組んでおられるのが<生活習慣の改善>です。不妊症の改善には、生殖機能を作り上げる基本である”体づくり”が非常に重要になります。
実際、多くの専門家は、男性不妊の原因は日常における不規則な生活が影響していると指摘しています。特に、タバコ・過度の飲酒・ストレス・栄養の乱れなどは造精機能を弱めることに繋がりやすく、そのため、これら乱れた習慣を正しく置き換えることが造精機能を高めるために大事なことだと言われています。さらに、精子は熱に弱いため、陰嚢を温める習慣に気をつけたり、精子を造るために必要なミネラルなどの栄養素を積極的に摂ることも精子の状態の向上に役立つと言われています。

当サイトでは、自然妊娠のために、ご自宅でできる体づくりもたくさん紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

できれば自然に授かりたいという方に
ご自宅で出来る男性不妊対策「オススメサプリ」へ

関連コンテンツ

★僕はこれで授かりました★
男性不妊対策サプリ
『OG・ハーブ』

OG・ハーブ OG・ハーブご購入はコチラ

「サプリメント」ページに
詳しくまとめています

特にオススメしたい方

■自然妊娠を目指したい方

■高度医療のため
 精子の質を万全にしたい方

エビデンスがしっかりです

◎日本不妊学会にて発表
 医学的効果が認められた商品

◎男性不妊患者の8割以上が
 精子数UP(臨床データより)

愛飲者としてのまとめ

初めは購入を迷いましたが、授かるための治療と考えると、試してみる価値はあるかなと思い試しました。
結果的に僕は、子供を授かったので大満足しています。
各家庭には色々な事情があるかと思いますが、1つの方法として、オススメします。

不妊学会で話題になり、テレビ・ラジオで取り上げられた!

OGハーブ 牡蠣人参エキス

【私がオススメする理由】>>> 参考にしてください。
  ●個人差があるとは思いますが、私には良かった
  ●本格的な不妊治療の前に気軽に試せる
  ●医師のお墨付き・天然成分ということで安心