精索静脈瘤の治療

期待される精索静脈瘤の治療効果

精子の数や運動率が悪い場合、すぐに体外受精や顕微授精などの生殖補助医療へ誘導されてしまうことも少なくありませんが、近年、精策静脈瘤の手術によって精子の数や質が改善するケースが報告されており、精策静脈瘤の治療の有効性が注目されています。

精策静脈瘤は、精巣から腎臓にむかう静脈にこぶができ、血流を滞らせてしまう疾患です。血流が滞ると、精巣の温度が上昇し、精子をつくる機能が大きく低下してしまいます。精索静脈瘤は男性不妊患者の約40%という非常に高い確率でみられる疾患ですが、ほとんどの場合において、痛みなどの自覚症状がないため、きちんと検査を受けてチェックしなければ発見することは出来ません。

精索静脈瘤は男性不妊の原因の中でも、最も外科的に治療が可能な疾患といわれています。必ずしも治療が必要な疾患ではないそうですが、手術することにより、精子の数・運動率の改善が期待できるそうです。最近では、精索静脈瘤の手術が精子のDNA損傷も軽減して、妊娠率の向上につながるという説もあります。また、非閉塞性無精子症の方でも、精索静脈瘤を治療することにより精子が作られるようになったという報告もあるそうです。

男性不妊を乗り越える上で、精索静脈瘤の検査・治療は非常に重要な物だといえます。もし、男性不妊の方で精索静脈瘤の検査を受けていないという人は一度受けてみる価値はあるのではないでしょうか。

精索静脈瘤を改善する4つの治療法

精索静脈瘤の治療には以下の4通りあります。

(1)精巣静脈高位結紮術

静脈をお腹の中の太い部分でしばる方法。昔から行われてきた治療法である。 全身麻酔が必要で、傷口も大きくなる。

(2)精索静脈低位結紮術

静脈を精巣のすぐ近くでしばる方法。顕微鏡を使って行うため、高い技術が必要である。 局所麻酔で傷口は小さくてすむ。

(3)腹腔鏡下精索静脈高位結紮術

腹腔鏡を用いて、静脈をお腹の中の太い部分でしばる方法。全身麻酔が必要。

(4)経皮的静脈塞栓術

静脈内にカテーテルの管(細いチューブ)を入れ、詰め物をして、血液の逆流を止める方法。 4つの手術の中で一番小さな傷口ですむが、治療成績がやや不明瞭である。局所麻酔。

現在の主流は(2)の精索静脈低位結紮術です。高度な技術が必要とされますが、治療効果が高く、合併症など患者への負担が少ないといわれています。精索静脈低位結紮術は、日帰り手術で行っている病院もあれば入院を必要とする病院もあり、費用も変わってきますので、手術を受ける際には事前にしっかりと確認することをお勧めします。 なお精索静脈瘤は陰嚢の疾患ですが、手術において直接精巣を切開することはありません。腹部もしくはそけい部を切開して血管を塞ぎます。

関連コンテンツ

★僕はこれで授かりました★
男性不妊対策サプリ
『OG・ハーブ』

OG・ハーブ OG・ハーブご購入はコチラ

「サプリメント」ページに
詳しくまとめています

特にオススメしたい方

■自然妊娠を目指したい方

■高度医療のため
 精子の質を万全にしたい方

エビデンスがしっかりです

◎日本不妊学会にて発表
 医学的効果が認められた商品

◎男性不妊患者の8割以上が
 精子数UP(臨床データより)

愛飲者としてのまとめ

初めは購入を迷いましたが、授かるための治療と考えると、試してみる価値はあるかなと思い試しました。
結果的に僕は、子供を授かったので大満足しています。
各家庭には色々な事情があるかと思いますが、1つの方法として、オススメします。

不妊学会で話題になり、テレビ・ラジオで取り上げられた!

OGハーブ 牡蠣人参エキス

【私がオススメする理由】>>> 参考にしてください。
  ●個人差があるとは思いますが、私には良かった
  ●本格的な治療の前に気軽に試せる
  ●医師のお墨付き・天然成分ということで安心