男性不妊の原因と種類

男性不妊原因の主な種類

男性不妊にも様々な原因があります。最近、テレビCMなどで話題が提供されている「ED」も男性不妊のひとつですが、圧倒的に多いのは、精子をつくる機能に障害があり、精巣でうまく精子がつくられない「造精機能障害」です。男性不妊の原因のうち約90%はこの「造精機能障害」にあたります。

男性不妊の原因と種類グラフ

造精機能障害

精巣でうまく精子がつくられず、精子の数が少なかったり、精子の運動率が低かったり、精子の質が悪い状態です。精子の数や精子の運動率の正常値についてはWHO(世界保健機関)によって、次のように示されています。

正常な精子の数
数…精液1ml中に2000万匹以上
運動率…前進運動精子が50%以上
奇形率…15%以下
生存率…75%以上
 

造精機能障害を引き起こす原因には、染色体異常のような先天性のものから、精索静脈瘤や男性ホルモンの欠乏などの後天的なものまで様々ありますが、大半が特発性(=原因不明)のものです。現在、この特発性の造精機能障害を改善する治療法はなく、赤ちゃんを切望するご夫婦を悩ませる、深刻な悩みの種となっています。

不妊学会にて発表!精子数・運動率をアップした話題のサプリ

さらに造精機能障害の種類

副性器障害

精巣上体や前立腺、精嚢腺などの副性器が炎症を起こし、精子の運動率を低下させている状態です。特徴として、精液中に白血球が増加します。主な原因は、クラミジアや結核菌の感染です。

精路通過障害

精子はつくられているのに、精子の輸送路である精管に何らかの問題があるため、うまく精子が運ばれない状態です。先天性のものや病気や事故の後遺症などによるものがあり、状態によっては、手術で改善することが出来ます。

さらに精路通過障害の種類

性機能障害

性交時に勃起しない・うまく射精できないなど、性行為に何らかの障害がある状態です。身体的な原因だけではなく、ストレスや心の傷などメンタル面が原因になっていることも多々あります。ストレス社会と言われる現代、性行為障害は年々増加の傾向にあります。

さら性機能障害の種類

関連コンテンツ

★僕はこれで授かりました★
男性不妊対策サプリ
『OG・ハーブ』

OG・ハーブ OG・ハーブご購入はコチラ

「サプリメント」ページに
詳しくまとめています

特にオススメしたい方

■自然妊娠を目指したい方

■高度医療のため
 精子の質を万全にしたい方

エビデンスがしっかりです

◎日本不妊学会にて発表
 医学的効果が認められた商品

◎男性不妊患者の8割以上が
 精子数UP(臨床データより)

愛飲者としてのまとめ

初めは購入を迷いましたが、授かるための治療と考えると、試してみる価値はあるかなと思い試しました。
結果的に僕は、子供を授かったので大満足しています。
各家庭には色々な事情があるかと思いますが、1つの方法として、オススメします。

不妊学会で話題になり、テレビ・ラジオで取り上げられた!

OGハーブ 牡蠣人参エキス

【私がオススメする理由】>>> 参考にしてください。
  ●個人差があるとは思いますが、私には良かった
  ●本格的な不妊治療の前に気軽に試せる
  ●医師のお墨付き・天然成分ということで安心